BLOG

職人による完全手作りの逸品!

2018/12/08

皆様、おはようございます。目白通り沿いにある和食菜る瀬の若板です。
昨日と同じく、また食べたくなる逸品シリーズから今日は、秋田県湯沢市の稲庭うどんをご紹介させていただきます。
和食菜る瀬ではもう十年以上お世話になっております。秋田比内地鶏きりたんぽ鍋などの〆や、吞んだあとの最後の〆に稲庭ざるうどんをお出ししてます。こちらのこだわりは、職人の完全手作りで一日にわずか20㎏しか作れないというこだわりの製法ならではのコシと味わいです。
しかも、地元メーカー十数社の試食会で第一位の評価を頂いてます。
秋田出身の方がこのうどんを食べたら普通の稲庭うどんと違うと・・・ 麵が普通のより細いのとコシが違うと・・・
やはり、食べなれてる方には違いが分かるんだなと思いました(笑)
細いながらもしっかりとしたコシとのどごしが素晴らしい稲庭うどんです。
通年ある商品です。吞んだ後の〆に稲庭ざるうどん如何でしょうか(笑)
私は色々あるうどんの中では稲庭うどんが一番好みです(笑)
稲庭ざるうどん1人前¥880-です。