BLOG

幻の酒米を使用しお酒!

2019/05/09

皆様、おはようございます。目白通り沿いにある和食菜る瀬の若板です。

いよいよ、東京オリンピック開催が近づいてきてTVでもチケットの話題で凄いですね(笑)
競技は平日でもあるからチケットとれた方は仕事休んで行くことになるんですね。私はTVで色々とチャンネル変えての観戦になると思います(笑)

最近、気になるのが蔵元さんがその土地の幻の酒米を復活させてお酒を造るのを見かけます。
とてもいいことだと思い見かけると購入してます。今回は三重県のタカハシ酒造さんの天遊琳・限定純米・伊勢錦・火入れです。
こちらのお酒も昔は良く飲んでました。三重県産の伊勢錦は1860年ごろに品種改良の末に生まれた品種だそうです。
戦中の米不足や背丈が高いため倒れやすい理由から姿を消したようです。
地元に元々あった物を復活させてお酒を造り蘇らせたことに少しでも応援をしてお酒を購入し、お客様と会話しながら飲んで味わっていただけたらと思いました。
今後もこのようなお酒を見かけたら購入したいです。幻の酒米「伊勢錦」大変美味しく気に入りました~(笑)